ストロークのテンポを合わせる

パターやアプローチ、ショットに至るまでストロークのテンポを合わせることは、安定したゴルフスイングにつながります。

 

ストロークのテンポを揃えるためには、振り幅の小さなスイングはゆっくりと、フルスイングのような振り幅の大きなスイングはある程度速くすることになります。

 

簡単に言い換えると、バックスイングの始動からインパクトまでのテンポをどんなショットでも一定にするという事になります。

 

よく巷ではプロはゆっくり振っているのに飛ぶという話をよく聞きますが、実際にプロと同じタイミングで素振りを行ってみていただくと、ほとんどのアマチュアの方はスイングについて来れず、こんなに速いんですか?といわれます。

 

スイングのテンポがいまいち理解できないという方は周りの上級者やプロに頼んで上記の事をぜひお試しください。