ゴルフスイングと遠心力

ゴルフスイングの教えで、「遠心力を利用しろ」というような遠心力についての教えがあります。

 

もちろん正しいと思うのですが、たとえショートパットでも遠心力は発生します。

 

ヘッドスピードが速くなるほど遠心力は強くなります。

 

遠心力はゴルフスイングが様々な回転運動の集合体である以上何をしても勝手に発生します。

 

遠心力を利用しなさい、というのは、発生した遠心力に対しての向心力を自分がコントロールすることで効率よくヘッドを加速しなさいと言い替えられます。

 

簡単にいうと、首の付け根がスイング中に位置が変わらず、ほぼ全てを身体の回転でクラブを動かし、インパクトでアドレス位置にクラブを戻せれば自動的に遠心力をうまく利用したスイングになります。