アドレスの時に力は入れておく?抜いておく?

ゴルフのスイングをする時に構える事を「アドレス」とか「セットアップ」といいますが、文字通りスイングするためのセットアップをするわけです。

 

ただ、ボールに対して良い位置立っているだけでは不十分です。

 

セットアップではスイング中余分な動きを抑えたり、体の力をクラブに伝えるために必要な力を入れておく必要があるので力は入れて構えた方が良いともいえますし、動く部分がスムーズに動けるように力を抜いておく必要がありますので、アドレスの時には力を入れておく部分と抜いておく部分があるという事になります。

 

動きを抑えたいのは肩関節、手首、首の付け根の位置になります。

 

肩関節(腕の付け根)の動きを抑えるためによく使われる表現は「脇を締めろ」というものです。

 

脇の下の前部と後部を均等に締めるのが脇を締めるという事です。

 

手首の動きを抑えるためには2方向以上に手首を曲げようとする力を入れ続ける事で手首を固めることが出来ます。

 

首の付け根がヘッドの軌道の中心になりますからこれも位置を安定させたい部分です。

 

首の付け根の動きを抑えるという事は、背骨の形をキープする事と、その傾きをキープする事、骨盤の上下動を抑えるということです。

 

背骨の形をキープするためには大まかにいうと、腹筋と背筋に力を入れ続けるということで、傾きをキープするためには足の付け根から前後に上半身を動かす力を適度に入れ続けることで抑えることが出来、骨盤の上下動もある程度抑えられます。

 

他の部分はクラブを動かすために使います。

 

動かす部分は主に肩で、脇を締めた状態で肩甲骨を動かすと腕が連動して動き、これにつられるように上半身がねじれ、腰が回転します。

 

力を抜いて構えろというのは、可動部分の動きを邪魔しないようにリラックスして構えましょうという意味合いで、全身の力を抜きましょうという事ではありません。

 

順序としては、力の入れ方を覚えたら、力を抜いておく部分も解ってきますから、、先にどのように力を入れておくかを理解してから余分な力を抜くことを覚えたらいいと思います。

 

ということで、身体の回転軸が安定して腕の余分な動きを抑えるための姿勢を作ることが出来たら、スイング中に自分がすることが少なくて済むようになり、スイングが単純化してショットが簡単になっていくと思います。