力を抜いて打て

ゴルフのスイングは力を抜いて打て、力まないように打て、もっと軽く打てなどと力を入れて打ってはいけないという内容の教えがあります。

 

しかし、プロゴルファーのインパクトの写真などを見るとかなりの力が入っているように見えると思います。実際にかなりの筋力を発揮しています。

 

なのに力を抜けとは?

 

人間の体には多くの関節があります。このうちの関節の自由度が高い部分はそれらの関節を筋力である程度固めて動きを安定させ、動かす部分は動きの邪魔になる力を抜いて動かす力を十分に入れなさい。

 

を、一言で言うと力を抜いて打てという事になるのだと思います。

 

上級者、プロは繰り返し反復で必要な力を無意識に入れられるようになっているのでその為に無駄な力を抜いておけばスムーズな良いスイングが出来ます。

 

なので、力を抜く事がとても大事になるのですが、必要な力を知らずに抜いてしまうととんでもないショットが出る可能性が高くなってしまいます。

 

力の入れ方が分かるまでは力んでしまってもいいので力を入れて打つ事を練習して行き、力の入れ方が分かってきて初めてどこの力を抜けばいいかが分かるようになると思いますので、初、中級者の方は力を抜くこと気にし過ぎない方がいいかもしれません。