自分のフォーム

最近でこそ携帯電話のカメラ、ムービーアプリやデジカメ、ハンディカムなどで自分のスイングを撮影して、気軽にみることができます。大昔は、プロゴルファーでさえ自分がどんなフォームで打っているか見たことが無い人もいました。この、電子機器の進歩により今では初心者の人でさえ正しく自分の問題点を認識出来たり、そのことで正しく分析することも可能になりました。昨今のクラブの進化に加えこうした電子機器の進歩によって、飛躍的にスイング技術も進化してきました。

 

一方、自分のスイングを撮影分析しすぎて、考え過ぎて上手く打てなくなってしまったり、スイングオタクになってしまうケースもありますので、カメラ、レーザー式距離測定器などを上手に使いこなすこともゴルフの上達に欠かせない一因といえるようです。