シャフトが寝る

知恵袋から質問を拝借しました。

 

Question

 

ゴルフスイングについて疑問があります。

アドレス→トップ→そしてダウンスイングで肩を回していくわけですが、 その時肩の回転は強いので手先でグリップしているクラブは一瞬置いてかれるというか寝ますよね?
それじゃいけないと思うのですが、どうすればトップで立ったままクラブが降りてきますか?
肩をゆっくり回せばいいのですか? プロを見ると肩回転がとても早いのにクラブは寝ず連動して立って降りてきています。
腕力で寝ない様にしているのですか?
肩回転を早くしてもクラブがけして寝ない方法を教えて下さい。

補足
プレーンに対してです。
ダウンスイングでヘッドが落ちてしまう動きになります。
Answer
トップで出来た両肩甲骨、両鎖骨、両腕とクラブで出来た形(アドレス時の腕と肩が作る三角形の変形)の重心がクラブの重心を引っ張り、シャフトの先端(ネック部分)がヘッドの重心を引っ張ることになるのですが、ダウンスイングの際のヘッドが後ろに残ろうとする力が三角形の形を壊す力になりますので、肩が三角形を動かす力が強いほど三角形の形をキープするための力もより強い力が必要になります。
というとえらくややこしいのですが、この質問のシャフトがプレーンに対して寝るという状態はダウンスイングの初期に左の広背筋(特に腕の付け根に近い部分)の力が足りずに右肘だけが下がってしまう状態です。
これでもややこしいので簡単に言うとダウンスイングで左腕を下に下ろす力が右に比べて弱い時にシャフトは寝てしまいます。
ということで右を強く引き下ろすスイングの人はシャフトが寝やすくなるので左手一本で遠くに飛ばす練習などが効果的でしょう。