スイングと自分の身体!

あなたは、昨日は、あるいはこの前はあんなに調子が良くって、なんで同じ打ち方をしているのに何故今日は全然当たらないんだろう?という経験はありませんか?

nbsp;

当たり前のことですが、スイングをするということは自分の体を動かすことでクラブを動かしてスイングになるわけですがこの自分の体が昨日やこの前と変わってしまっていることで、同じように打ったつもりが上手く打てない事につながってしまうわけです。

nbsp;

上手く打てた時の体の動かし方を覚えているだけでは次に上手く打てる補償はありません。必要なのはこうやって体を動かしたからクラブの動きがこうなって、インパクトの状態がどのように変わったから良かったんだ。という風に体の動きとクラブの動きインパクトの当たり方がつながっていて初めていい状態を続けることができるわけです。

nbsp;

特に覚えておくべきことは打ったあとに感じたことではなく、打つ前にどのように打とうとしていたかということと結果を結びつけることです、多くの人は力を抜いていたとか当たったときに軽い感じがしたとか、フォローの時にこんな感じがしたとかスイング中やスイング後に感じたことだけを覚えていると再現することにはつながりません。何をしたらどうなったかという「何」と「どう」を結びつけて覚えていって欲しいと思います。
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;