クラブが寝るってどういうこと?

よくダウンスイングでクラブが寝るのはよくないといわれます。

 

これってどういうことなんでしょうか。

 

寝るってこんな感じです

 

上の絵の状態で左手が右手の真下にあればシャフトは垂直に立ちます。

 

良いスイングの1つの条件ははインパクト直前にグリップが構えていた時の位置の近くまで戻ってきていることがあげられます。

 

このクラブが寝る状態とはグリップが腰の高さあたりまで降りて来た時に左手が大きく体から離れている場合にクラブがアドレスの背中側に倒れることを指します。

 

こうなると、インパクトが近いのにグリップが構えた時のグリップ位置から遠く離れているのでインパクト時にグリップが元の位置に戻れなくなってしまうためフェースがアドレス時の向きに戻れなくなり大きく右に飛んでしまうことになります。

 

これが習慣化するとフェースを極端に返す動作をしなければならず、やり過ぎると左に飛び過ぎてしまい右にも左にも飛ぶスイングとなってしまいます。

 

これは、トップから腕だけを動かして構えた手の位置やボールに向かってグリップエンドを動かしていくと体が横に回転する分だけ体からグリップが離れてしまいます。

 

正しく下ろすために方向を理解する方法があります。

 

クラブを持たずにトップの状態を作ってください。

 

この状態から左手だけこの位置を保ち右手は体側に伸ばしておき、左肘の位置を保ったまま肘を曲げて右肩を手で触ってください。

 

ここから手を右腕に沿って下げて行ってください。

 

ダウンスイングの方向はこの方向になり、身体の回転が起きるとグリップが元の位置に戻るようになります。

 

最初はダフるんじゃないかと感じると思いますが、手首が縦にほどけなければダフることはありません。

 

ということで簡単にいうとダウンスイングのグリップは鉛直に下に振り下ろすようにして手首が縦にほどけないようにスイングすれば飛距離と方向性を両立できるスイングになると思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています

⇒体験レッスンはこちら