安定したスイングとは?

スイングが安定していればショットが安定し、ショットが安定していればマネジメントが安定しマネジメントが安定するとスコアが安定します。

 

スイングが安定するとはどういうことでしょうか?

 

 

 

ある程度ショットが上達すると、インパクト付近のクラブをコントロールできるようになります。

 

ダウンスイングの始動が一定するとその善し悪しに関わらずその後は一定した動作でインパクトできます。

この直前までの動きが安定するかどうかを左右します。

 

結果的にインパクトが安定し球筋が安定します。

 

右にスライスするショットが安定していれば左を狙って打っていればターゲット付近にボールを運ぶことが出来ます。

 

このスライスを直そうとしたときに右にも左にも行く結果になります。

 

このようにショットが右に行きやすかったり左に行きやすかったりして安定している時期はスコアが安定します。

 

それでは満足できなくなりもっと良いショットにしたいとスイングを直している時期は、それまでよりも良いショットと悪いショットが混在してしまいスコアが悪くなる時期となります。

 

なまじナイスショットが出るとミスショットとの差が大きくなるのでマネジメントが難しくなりスコアが悪くなることがあります。

 

しかしその後良いショットで安定してきたら自分のレベルが一段階アップできます。

 

一段階アップしてもその状況に慣れてしまえば満足できなくなり、また何かしらの改造に取り組み・・・・・。

 

ということで、スイングが不安定になるのは良い結果を求める結果であることもありますので必ずしもマイナス要素ばかりでもありません。

 

安定を求めすぎると成長を抑制する結果になってしまうこともありますので、不安定な状況をマネジメントなどでカバーしたり、ショートゲームでカバーしたりすることでスコアを安定させることを勉強する場がコースでのラウンドだと考えて不安定さをリカバリーすることを楽しみながら上達し続けて行けばいいのではないかと思います。