高く上げるアプローチが得意になればアンダーパーも夢ではありません。

シングルを目指す方、まず下の写真をご覧ください。

 

今この写真を撮っているカメラの位置にあなたがいて、足元のボールを8番アイアンで狙うとしましょう。

photo4-38f13

原則的にはピンの左のエリアが狙い目となります。

 

そして、苦手なアプローチの球種によって許容範囲が変わっていきます。

 

高く上げるアプローチが苦手な人は確実にグリーンに乗せるか狭い花道と次のショットがバンカー越えにならないバンカー手前のエリアに限定され写真の左下の一角とグリーン+カラー付近しか許されませんからピンを狙う事よりもピンの右サイドやバンカーを避ける事に重点を置かなければならなくなるためにショットにプレッシャーがかかりミスショットの確率が高まります。

 

一方高く上げるアプローチが得意であれば左のバンカーより右側がほぼ全てOKになり、バンカーも気になりませんからピンを狙う事に集中できます。

 

このように苦手なショットがあるとその1打だけではなくその前のショットにプレッシャーがかかる事でショットも難しくなってしまいます。

 

ボギー狙いのゴルフまでは高く上げるアプローチは苦手でもそれほど問題ではありませんが、パーやバーディーを狙うゴルフを目指す場合は必要になります。

 

80前後で回りたいと思うようになった人はまず、高く上げるアプローチが得意になるくらい練習をして自分のものにしておきましょう。

 

上の写真を見てグリーンの右に外しても次のアプローチを寄せられるイメージが出来るくらいまでになればアンダーパーを出せるゴルフが見えてくると思います。