フォローで左肘が引ける

知恵袋から質問を拝借してきました。

 

Question

 

ゴルフを始めてかれこれ20年になりますが、まだシングルになっていません。どうもドライバーの飛距離が出なくて220ヤードほど行けば良い方です。人に見てもらうと、左肘がフォローで引けてしまっていて、

飛距離が出ないと言われます。自分でも意識して左肘を伸ばすようにしているのですが、上手くいきません。無理矢理伸ばしているとスイングにならないし、難しいです。ゴルフのこういうことでお悩みの方はいませんか。

アマチュアゴルファーはたぶん多くの人が、左肘が抜けていると思うのですが、どうなんでしょうか。どなたか左肘を伸ばす方法が分かる方がいたら教えてください。

 

Answer

 

フォロースルーで脇がしまり左右の肩甲骨が十分に動いていれば肘は自然に伸びてしまいます。肩関節から腕を左右に振り子のように動かすとテークバックでは右肘が、フォローでは左肘が引けるようになってしまいます。ですからこの質問者の方の場合はスイング中に腕がグラグラしないように脇をしめてその上で肩甲骨の動きをできるだけ多く使ってスイングするようにすれば解決します。

 

また肩関節はかなり自由度が高くいろいろな方向に動かすことができてしまうので肩関節の自由度が高い状態でスイングすると毎回違う動きになりがちでいつまでもショットは安定しなくなってしまいます。そこで「脇をしめろ」とよく言われるわけです。脇をしめる=腕が動かないように力を入れると考えてください。腕が動けなくなれば肩甲骨を動かさざるを得ない状態になりますしスイングの勢いで動かされるようにもなりスイング中の肩の運動量が増えます。すると飛距離と方向性を両立するスイングができるようになります。