勝負どころのパット

90を切りたい!と思えば思うほどそのチャンスが巡って来た時のプレッシャーは大きなものになります。最終ホールの上りの軽いフックライン1メートル強のパット、・・・・・これを入れれば89だ、・・・・・こんな入って当たり前のパット外したらかっこ悪いな、・・・・・緊張する前に打ってしまおう、・・・・・こういう大事なパットをいつも外すんだよな、・・・・・でも絶対入れたい。などといろいろなことが頭を駆け抜けるのがこういう局面です。これらはみんなボールを打つ事と関係ないことなのでこれらに頭の中を支配されてしまうとかなりの確率でミスが起こります。

 

ではこんな時にどんなことを思考していれば上手くいくのでしょうか?・・・・・ラインは分かったフェースの向きだけきっちり合わせてその向きで当てるんだ、・・・・・緊張しているときはいつもテンポが早くなって強く打ってしまうからテンポだけを気を付けよう。などボールを打つ時に具体的にどうするかに集中していれば成功率が高まります。

 

このように必要なことに集中することで無駄な思考を排除し、なおかつ上手く打てるということありませんよね。プロのメジャートーナメントでは皆さんと同様に、もしくはそれ以上の緊張状態でプレーしていますが、かかるプレッシャー以上の集中力を使いプレーするためにスーパープレーが飛び出すことが多く、集中力が続かずに普段ならしないようなミスショットも飛び出します。

 

緊張した時ほどストロークやターゲットなどの必要なことに意識を集中しましょう。そうすればミスを回避できる確率が格段に変わると思います。