90切りのグリップ変更

知恵袋で質問を拝借してきました。

 

Question

 

ゴルフのグリップについての質問です。ゴルフ歴7年スコアは90前後です。70台で回るという野望をもっていますが、始めた頃からの悩みでボールを捕まえる、ということが出来ません(ドローボールが

打てない)雑誌などで、シングルさんたちは上達の過程でドローをマスターしてからフェードに切り替えるといいと言う意見が多いのですが。先日の練習場でのこと、いつもながらにスライス気味のドライバーショットに悩んでたところ、ふとグリップをいろいろ変えて打ってましたが、ベースボールグリップで打ったら、とんでもないいい感触でボールが飛び出しました。飛距離も20ヤードくらい伸びた感覚でした。まっすぐとびでて落ち際に3ヤードくらい左に曲がりました。何球かは引っ掛けもでさましたが、これが捕まえるということかとその時おもいました。ただいつものグリップ(インターロッキング)に戻すと相変わらずのスライス、、。そこで質問です。正直ベースボールグリップは上達の上で邪道なのでしょうか?というのも上級者やプロでベースボールグリップは聞いたことがありません。やはり最終的にはオーバーラップやインターロッキングに戻すべきでしょうか?ご教授いただけると幸いです。

 

Answer

 

ベースボールグリップは邪道ではないと思います。確かに採用しているのは少数ですが結果に直結するのであれば積極的に取り入れるべきだと思います。

 

重要なのはベースボールグリップに変えることで何がどう作用していい結果につながったのかを分析することです。その理由がわかればオーバーラッピングやインターロッキングに戻したらより良くなるかもしれません。

 

オーバーラッピングやインターロッキングとベースボールグリップの大きな違いは右手の指が4本グリップに触れているか5本触れているかの違いと、支点から力点が近いか遠いかの違いです。右手の指が5本グリップに触れることで右手が使いやすくなったのかテコを小さい力で扱えるようになったためにヘッドが返りやすくなりつかまった球が打てるようになったと考えられます。その結果クラブの動き方がどう変わったのかを十分に分析して把握しておきましょう。

 

この質問者の方のようにスイングをいろいろ実験していい結果が出たときは良くなった原因を探った上で採用していくといいと思います。もしその部分の理屈が分かっていれば将来に再び変更する必要が出てきた場合にも正しい選択ができるはずです。