90切りのためのティショット

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ パー4、5でのティショットのクラブ選びのお話です♪

 

男性初、中級者同士の間でのゴルフで、ドライバーを持たずにフェアウェイウッドやアイアンを持ったりすると周りからすかさず、「〇〇タマついてんのか?」、「根性ねえなあ」などの罵声が上がることがよくあります。

 

上級者同士になると「なるほど」と理解してくれることが多いのですが、なかなか理解されないのが初、中級者ゴルフの文化となっています。

 

しかし、90切りを目指す方にはそんな雑音えお乗り越えて、是非、ドライバー以外のクラブを選択してティショットを成功させて欲しいと思います。

 

90を切れそうになるけど、OB1発で台無しにしてしまった経験がある人は特にトライして欲しいと思います。

 

パー、バーディを取らなければならない場合は飛距離も必要ですが、ボギーを堅実に積み重ねるためには距離よりも方向性です。

 

このためには、5番アイアン以上のクラブのティショットを練習しておき、いつでも使えるようにしておく必要があります。低重心のクラブであればかなりティを低くする必要がありますので、どのクラブのティアップの高さをどのくらいにすればいいかも重要です。

 

周りの声に負けずにアイアンを持つ勇気が上達に必要なこともありますよ。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|