冬のショートアプローチはハーフトップのダウンブローに打ちましょう

これからの季節はだんだん芝生が薄くなってボールが浮かないライから打つ機会が増えていきます。

 

こんなときは、トップ気味にボールを打つことでザックリを予防できます。

 

トップするとボールが止まらないのではないか?と思う人も多いのですが、実はそうでもありません。

 

ボールにバックスピンが多くかかると、トップして低い球筋になってもある程度ボールは止まってくれます。

 

インパクトでボールとクラブフェースがくっついている間にヘッドが上から下に下降(ダウンブロー)していればバックスピンが多くかかり、上昇する(アッパーブロー)とスピンが少なくなります。

 

特に、冬場の薄い芝生の上から打つアプローチでは、トップ気味にボールをとらえて、ダウンブローにボールをヒットすると寄せやすく安全なアプローチになります。

 

そのためには砲台グリーンならグリーンエッジに近い所、端っこに切られているピンに対してはエッジからピンまで距離があるところにぼーるを運んでいくマネジメントが必要です。

 

ダウンブローに打つためには、アドレスよりもハンドファーストな状態のインパクトにすることです。

 

ダウンブローといってもボールより先の地面をこするようなヘッドの軌道が望ましいでしょう。

 

という事で、インサイドアウトのヘッド軌道や、アッパーブロー軌道で振ってしまう人はボールにきっちりと当てることは難しいので冬が本格化する前に調整する事をオススメします。