ガードバンカーの避け方

ガードバンカーの避け方は出したいスコアやショットの技術、バンカーショットの技術により変わると思います。

 

バンカーショットが得意と感じている人は特にバンカーを大きく避ける必要は無いでしょうし、バンカーショットが苦手、怖いと感じている人は逃げまくるのがマネジメントとして必要です。

 

バンカーを避けるためには届かないように打つか越えるように打つか、バンカーの無いサイドを狙うかです。

 

ガードバンカーに絶対に届かない番手を持って打つ事がバンカーを避ける事が目的だとすれば確実ですが、この場合次打で確実にバンカーを越える事が出来るアプローチの技術が必要です。次打でバンカーに入れてしまうくらいなら最初からグリーンを狙って打った方がいいという事になりますのでこの場合はバンカー越えが残らないポジションを狙う方がいいでしょう。

 

また、100切りが目標であれば、2回以内で確実に脱出出来る事、90切りなら1回で確実に脱出出来る事、シングル入りが目的なら3~4回に1回は寄せワンに出来る事が最低限の目安でしょうか?

 

トッププロであればバンカーすれすれのピンに対して果敢に狙っていかなければならない局面がありますが、バンカーが下手だとバンカーを避けて2パットのパーで妥協しなければならなくなります。

 

アマチュアの方でバンカーが極端に苦手だったりスコアの割にはバンカーが下手だとその事だけでスコアを損してしまいますので、バンカーショットが苦手なままにしておくと、ショットやパットが上手くなっても大叩きをしてしまう可能性がありますので、バンカーショットが好きになるくらいにバンカーショットの練習を集中的にやる時期を設けて練習しましょう。

 

一人で練習しても上手くいかない場合は打ち方についての勘違いやスイングの欠陥が原因でしょうからレッスンプロなどにレッスンや相談することをおススメします。