100切りのためにやってはいけない事

100切りに限ったことでは無いのですが、3パット、OBは何とか減らしたいものです。

 

100切りのためにはダブルボギーが9H、ボギーが9Hの99が一つの目安になりますが、3パットのダブルボギー、OBを打ってのダブルボギーなどは許される範囲になりますの1発や2発のOB、3パットでも焦らずにプレーすればチャンスは残せます。

 

3パットやOB以上にやってはいけない事はプレーを投げてしまう事でしょう。100切りを目標にコースへ出て、今日は切れそうにないからとその日のプレーを投げ出してしまったり、あきらめてしまうことだけは避けて下さい。

 

似て非なる言葉として、「開き直る」というのがありますが、これは決してあきらめてしまうことでは無く、それまでのミスはしょうがないとして新たに頑張るという事で、この「開き直る」事はゴルフにはとても重要です。

 

1流のプロゴルファーは共通してとてもこの「開き直る」事が上手です。どんなレベルのゴルフであってもあきらめず、開き直って気持ちを新たにしてプレーに臨めれば必ず後から結果はついてきてくれるでしょう。