100切りに向けたマイパーの設定活用

先日、60代半ばの女性ゴルファーから、ショットは良くなったので110は普通に切れるようになったけど、100はなかなか切れなくて困ってる、どうしたら良い?という質問を受けました。

そこで私は、2日程前にラウンドした直近のスコアカードをみせてもらい、気になる数ホールの状況を尋ねたところ、記憶があいまいで、自分のプレーがきちんと振り返れない状態でした。

この方の場合、100を切るには技術的な事の前に、頭の使い方を整える必要性を感じたので、100を切るための各ホールの目標スコア(マイパー)をカードに記載してもらいました。

すると彼女は、アウト49・イン48でトータル97というマイパーを自分で設定しました。

この日は午後からハーフラウンドに行かれるとの事なので、早速この各ホールに設定したマイパーに対し、どうしたらこのスコアをクリア出来るか、最後の1打まで真剣に向き合ってラウンドするようアドバイスをし、ボールを打つ技術的な事は一切行わず送り出しました。

すると彼女は夕方になって練習場に駆け込んで来るなり、先生インが47でまわれました!!と満面の笑みで報告に来てくれました。スコアカードを見ると、自分のマイパーと結果とその差の数字が書き込まれていました。

彼女に、何が今までと違ったか?と質問したところ、こんなに考えてラウンドしてなかったとか。

ではなぜ考えたの?と聞くと、各ホールの目標が明確だったからという答え。

今の彼女の技術ではスコアカードの各パーは実感の無い数字で、結果のトータル数字である100はあっても、それを構成する各ホールの設定が無いため、100がちゅうに浮いていた様です。

またこの副産物として、9ホールどのクラブでどうしたかをキッチリ振り返るれるので、ビックリしているとも。ホールが振り返られないのは自分の記憶力が悪いのかとひそかに悩んでいたとも。

多少の記憶の良し悪しはあるのかもしれませんが、明確な目標を持って自分がこうしたいと下した事の成り行きは、記憶に残りやすい事柄です。

100切りに限らず、各ホールの振り返りが苦手な方は、しっかりマイパーを意識してラウンドされてみてはどうですか? ヒントがあるかもしれませんよ(^_^)v