最初の目標

一般アマチュアゴルファーがゴルフを始めて最初の目標が100を切りたい。という方が多いと思います。この時期に困るのがドライバーが当たらない、スライスする、ダフリトップなどのボールをしっかりとらえられない。等で、90を切りたいとなったころには球が曲がる、距離が出ない、といった内容で困るようになり、80を切りたいと思う頃にはショートゲームが上手くいかないとなっていきます。さらにパープレーを目指したいとなってくると得意不得意がはっきりしてきて不得意種目を何とかしたいという風に変わっていくことが多いと思います。

 

どちらにしても、今自分は何をすればいいか?を正確に判断して取り組んでいける人は上達が早くなります。しかし、一方でドライバーでのナイスショットの快感を求めてしまいたくなる欲求に負けてしまったり、コースでは無理して無謀な戦略を立ててしまったり、今の自分にできないことをコースでやろうとしてしまうと、無駄にミスを重ねて様々な苦手意識が蓄積されていき、この苦手意識が将来の足かせになってしまいます。

 

ゴルフの上達は成功体験の記憶の蓄積である一方、障害になるのが失敗体験の記憶の蓄積です。この失敗体験が一定量を越えてしまうとイップスや深刻なスランプになってしまうのだと思います。時には挑戦をすることも必要ですが、無駄なミスショットを減らすことこそが長い目で見たときの上達法と言えます。

 

なので、ゴルフという競技の性格としては無謀な人よりも堅実な人の方が良いスコアを出せるようになる傾向があります。

 

コースでも練習場でも一打一打を大切に取り組んで生涯のミスショットを減らすような取り組みをしてみて欲しいと思います。