100切りの過程

知恵袋からの質問を拝借してきました。

 

Question

 

ゴルフのスコア 100切りまでの過程について質問です!!
自分はゴルフ初めて1年くらい、5回ラウンドしました。140台、130台、140台、130台、128といった感じです。運動には自信があったのですが、ゴルフ

思うようにいかず、ゴルフって難しいなーと思ってるところです。
周りのひとともゴルフの話をしたり、ネットでもゴルフの話題をみたりするようになったのですが、そこで驚いたのは、なんだかんだでみんな結構いいスコアでまわってるということです。
上司なんかも最近ゴルフ始めたくちなんですが、2回目で120くらいとか言ってました。ネットなんかみても、140、130台出すのは最初の2、3回くらいだとか、1年で100切ったとか威勢のいい話をたくさん聞きます。女性なんかでも数回いけば120くらいでまわれるんでしょうか?
最近行ったゴルフでもうまくなる気配がなく、なんか自信がなくなってしまいました。自分はきまった面子でしか行ったことがなく、他の人が、例えば初心者レベルの人が120くらいで回る様子を想像できないのですが、自分が特別なんでしょうか?
ちなみに私は30歳で、運動は定期的にしてます。ゴルフはラウンド前に集中して練習する感じです。OB連発でスコア崩します。
振り回しすぎなんでしょうか。他の人はもっと早い段階で妥協してスコアメイクに徹してるんでしょうか。それか結局ゴルフの話するような人はそういう自信ある人だから、差を感じてしまうんですかね?
とりとめのない話になってしまいましたが、要は「ほんとにみんなそんなスコアでまわってる(た)の?」ってことです。また、初心者でもそのくらいで回るコツがあったら教えてください。

 

Answer

 

ゴルフの本質はターゲットスポーツです。パワースポーツとして取り組んでしまうと飛距離は出るけどスコアが出ない結果に陥ります。

 

ショットの正確さを競うスポーツですのでパワーよりもテクニックがものを言います。スポーツ経験のある成人男性がゴルフを始めたときは体力のない上級者よりも飛距離を出すことが出来てしまう場合もあるのですがスコアはとても上級者にはかないません。そしてなまじ距離が出せてしまうので方向性が定まらないためにはるかに飛距離が出ない人にかなわないケースをよく拝見します。

 

本当にスコアを出したい(=上手くなりたい)のであれば始めた時からウェッジショットとパッティングに力を入れてください。ショットの方向性が定まらないうちに飛距離を出そうとすることは初心者ドライバーが壊れたF1マシーンで全開走行に挑むようなものです。

 

ということでスポーツに自信のある成人男性がゴルフを始める場合、パッティング、ショートアプローチでまず方向を出す練習を重視して、方向性が良くなってきたら徐々に長いクラブにトライしていくほうが無駄にショットの苦手意識がつかない分結果的には上達の近道になりますよ。