アドレスの姿勢や向きを定期的にチェックしましょう

初中級者に限らず、アドレスを正しい向きにセットしたつもりが、合っていない事があり、女性の方が男性よりもこれを苦手としている人が多いようです。

 

多くの人がターゲットよりも右に向いてしまう傾向があります。

 

すると、右に向いた状態でターゲットに飛ばそうとすると向いた方向に対してアウトサイドインに振るとナイスショットが打てるのでおかしな動作を繰り返すことになってしまい、スイングがくるってしまいます。

 

これを逆手にとって、右に向いてしまいがちな人は思い切って目標より左に向いて構えてターゲットに対してスイングをするようにするとくるっていた動作、向き共に改善されて行くと思います。

 

結果的に左へ向いたつもりが、右に向く度合いが小さくなっただけというケースもありますが、それでもスイング、アドレス共に改善の方向には向かって行きます。

 

左に向いたつもりが真っ直ぐに構えている状態になったとしても、まだ、頭と体のずれがあるわけなので、真っ直ぐのつもりで真っ直ぐに構えられるまで続けて下さい。

 

一度理解出来ても、またくるってしまうのでアドレスの向きは定期的にチェックするようにして下さい。