初心者の初ラウンド♪

買い手市場になってきている最近のゴルフ事情では、初心者同士でも簡単に予約が取れるようになりました。そのために、初心者の技量不足によりプレーの遅延が起きることがあります。

nbsp;

昔は十分な練習を積んだ後でないとコースデビューさせてもらえないという風潮があったので初心者だからプレーが遅いということはなかったのですが、気軽にゴルフを始めるということがしにくいという問題もありました。

nbsp;

ゴルフを気軽に始めることができるということ自体はとてもいいことなので、初心者のプレーファーストについて考える必要があるかと思います。

nbsp;

ゴルフは「ボールはあるがままに打て」が鉄則ですが、ゴルフのプレーに慣れるまでの期間の特別ルールを作ってもいいのではないでしょうか?

nbsp;

有名なのは6インチプレース、OKパット(初心者のためにということはありませんが)などでしょうか?これによりプレーの進行が多少ですがスムーズになるでしょう。

nbsp;

もっと紹介します、手の5、ハンドウェッジといい、初心者には対処しきれない状況に陥ったときはボールを手で投げていいですよというルールです。あとは、同じ残り距離であればフェアウェイにもってきてもいいとか、どこでもティアップOKとか、「今のナシ」ということにして打ち直せる(マリガンというルールです)とか、仲間うちや、コンペの専用ルールなどがあれば初心者の方や同伴者も共に安心してプレーを楽しめるのではないでしょうか?君には無理だからこうしなさいではなく、ラウンドすることに慣れるまではルールの救済を受けながら経験を積みなさいという考えです。

nbsp;

以下、ネットから勝手に拾ってきたのですがよく考えられてるなと思ったので紹介させていただきます。

nbsp;

span style=”font-size: medium;”strongGolfDreamers Bの初心者専用特別ルール概略/strong/span

①   ティーショットがフェアウェイまで届かない場合、パーティの最長飛距離プレーヤーのボールの同一平行線上の位置から1打加えてプレーしてください。

②   ロングホールの場合は、フェアウェイに届かない場合、パーティ内の最長距離の方のボール位置の隣から、+1打加算してプレイ再開して下さい。そこからのセカンドショットが150Yの杭を越えない場合、グリーン手前から100y地点の杭より6打目としてプレーしください。

③   バンカーは2回で脱出できない時はバンカーの外のフェアウェイ側から、+3打目として、また、グリーン周りバンカーの際は、グリーンエッジの打ち易い場所からプレーを再開してください。

④  アプローチの際、グリーン上に3回目でオンしなかった場合、オーバーした場所から一番近いグリーン端の打ち易い場所にボールを置いて4回目として打数を加算してプレーして下さい。

⑤   グリーン上のOKパットの基準は、ワンクラブレングス以内とします。

⑥   パッティングは4回までとします。4回目でカップイン、またはOKに寄らなかった場合は、+5打として次ホールへ進んで下さい。

⑦   各ハザードの所では、クラブ一本分動かすことができるものとします。

⑧   池にボールが入ってしまった場合、1打加算し、次打が池越えにならないよう、入った地点の横の打ちやすい場所からプレーを再開してください。

⑨   ホールアウト後はグリーン上で立ち止まってスコアカードなどは書かずに、グリーンを速やかに降りて、カート又は次のティグラウンドにて書くように心掛けてください。

⑩   エチケットリーダーの方は、アテスト(スコアの最終集計)をして、キャディマスター室へリーダーのスコアカードを提出して下さい。

nbsp;

nbsp;

このように日本のゴルフ事情は、初心者がほとんど練習しないままデビューすることが多くなってきた今、初心者が楽しみながらプレーのできる特別ルールを考えて見てもいい時期なのかもしれません。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT

nbsp;

nbsp;