寒い日のラウンドはいつもより飛距離が落ちてスコアも出にくい?

厳しい寒さが続いていますね。

 

こんな時のゴルフは飛距離が大きく落ちることを前提にプレーを組み立てましょう。

 

樹脂でできている最近のボールはゴム製のころと比べると気温が低下した時の反発力は下がりにくくなっていますが5℃以下になるとさすがに飛ばなくなりますし、空気も一層密度が高くなります。

 

アゲインストが吹こうものなら相当ボールは飛ばなくなります。

 

なので、寒い日のプレーではいつもより1~2クラブ長い番手で手前から転がしていくようにプレーしましょう。

 

番手を落とさず無理に強く振るとスイングを崩す要因にもなりますしショットの精度もダウンしやすくなります。

 

飛ばなくなることと、グラウンド状態も荒れていることでスコアも数打悪くなるという想定の元プレーすると無理をせず結果的に好スコアにつながると思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら