ティの高さとヘッド軌道の関係

 

ゴルフでは各ホールの1打目はティアップをして打つことが認められています。

 

そして高さも自由にしていいわけですが、ドライバーの場合の基準がティアップをしたボールがフェースから半分はみ出すくらいといわれていて、アイアンの場合は5mmくらい、フェアウェイウッドの場合は1cmくらいが基準だと思います。

 

スイング軌道はインサイドイン、アウトサイ

 

スイングのヘッド軌道がストレートなら上記の基準の高さで、インサイドアウトなら高く、アウトサイドインなら低くすると打ちやすくなります。

 

これは、スイング中のヘッドの最下点と関係していてインサイドアウトならインパクト前、アウトサイドインならインパクト後が最下点になるからです。

 

特殊な打ち方としてダウンブローなインサイドアウト、アッパーブローなアウトサイドインで打つこともできますが、例外と考えて下さい。

 

ドライバーの平均的なフェース厚が55mmで、ボールの半径が約21mmなので、34mmの高さにするとボールがフェースから半分はみ出すことになります。

 

とすると、50mmのティを15mm刺した時に標準的なティアップの高さになります。

 

アッパー軌道で打つ時は、ソールの形状でドライバーをソールした時にバックフェース側がピッタリ地面についていると高く、フェースとバックフェースの長さが長いほどティアップを高くした方がいいでしょう。

 

ボールの打出し高さを高くしたり低くしたり、フェードやドローにする時はスイングのヘッド軌道を変えますから、それに合わせたティアップの高さにすることで成功率が上がります。

 

ということで、いくつかの条件があってティアップの適正な高さが決まってきますのでよく理解した上で適切なティアップの高さのして打つようにするとスコアアップにつながっていくと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら