同じ場所に集まる

プロの試合でショートホールのティグラウンドを見てみると、ショットの際にできたディボット跡が密集しているエリアがあります。

 

これはなぜでしょうか?

 

それは多くのプレーヤーがそのエリアが打ちやすい場所だと考えたからでしょう。

 

理由としては、ピンに対して構えやすいなどのケースも考えられるとは思いますが、1番の理由はティグラウンドの中で最も平坦な場所であるということだと思います。

 

ディボットというとイメージが悪い方が大多数だと思いますが、ティグラウンドの上ではティアップを出来るので、ボールのライは悪くなりません。

 

とはいえ朝早いスタートだったり、普段使用していないティから打ったりする場合には使えませんが、遅いスタート時間であったり、連日同じようなティグラウンドを使用している時などはディボットの集中している場所を探してみるのも良い方法ではないかと思います。