風用のボール

ゴルフのプレーでのジョークで。トップして低い球になってしまった時に、風用のボールを打ったんだと風もないのに言う人がいるかと思いますが、本当に風の影響を受けないボールとはどんなボールでしょうか?

 

球の打出し角度が低く、スピン量が少ないボールが一番風の影響を受けにくいボールと言えますが、低く打ちたいあまりにきついダウンブローでボールをヒットしてしまうとスピン量が増えすぎて、かえって風の抵抗を受けてしまい逆効果になる可能性があるので、バックスピンがかかりすぎないように工夫する必要があります。

 

低スピンにすることで、飛距離を稼ごうとする設計意図のドライバーやフェアウェイウッドが全盛の現在は、ドライバーのティショットの場合、特別な打ち方を必要としないかもしれません。

 

ただ、ハイブリッドやアイアンなど、適度にスピンをかけてボールを止めようというクラブの場合は、低めのスピン量が少ないボールが打てると風から受ける影響を少なくできるので、スコアメイクにもつながりますから、自分なりの風用のボールの打ち方を持っておくといいと思います。

 

スピン量は軌道が同じなら、インパクトロフトが立っているほど少なく、寝ているほど多くなります。

 

同じインパクトならヘッドの加速度やヘッドスピードが遅いほど少なく速いほど多くなります。

 

同じインパクトロフトなら、ダウンブローの度合いが強いほど多く、アッパーブローの度合いが強いほど少なくなります。

 

これを元に考えると、風用のボールを打つ方法がいくつか考えられます。

 

比較的簡単なのが、「大きい番手で軽く打つ。」これは結果的にインパクト時のヘッドスピードが遅く、加速度が小さくなるのでスピン量が減ります。

 

もう一つはいつもよりフェースを左へ向けて握り、その分右を向いてアドレスして構えたとおりにインパクト出来れば、低いフックボールになり、少ないロフトでダウンブローにならずに打てるので風に強い球になります。ただし、これは右からのアゲインストには大きく左に持っていかれてしまうので、有効な状況は限定されてしまいますのでご承知ください。

 

ドライバーやフェアウェイウッドの場合は普段の打点よりも数ミリでいいのでフェースの上の方に当てるとギア効果によってスピン量を減らすことが出来ます。これは、上に当てるつもりが下に当たってしまうこともあるでしょうから、軽い保険として考えてトライしてみるといいでしょう。

 

特別な打ち方をしてしまったがために余計なミスになってしまうこともありますから十分に練習を積んでから、コースでトライしてみましょう。