適正距離のコース

現在のゴルフ場の距離設定の基本はドライバーの平均距離が250ヤード、2打目の最大距離が230ヤードと、糸巻きボール、パーシモンヘッドのドライバーの時代の上級者の飛距離を元にしています。

 

なので、480ヤード以上がパー5、250ヤード以上480ヤード未満がパー4、250ヤード未満がパー3と定められています。

 

しかし今や、上級者の飛距離は20ヤードほど伸びてきており、これに対応出来るコースはあまりありません。

 

これを懸念してR&Aはドライバーの反発係数、ヘッドの容積、長さに規制をかけましたが後手を踏んでしまった状態になっています。

 

一方、アマチュアのショートヒッターやジュニアゴルファーにとっては設定が長過ぎてパーオンを狙って2パット、という本来のゴルフの楽しみを味わえない長さでもあります。

 

もし、ボクシングの体重別のようにドライバーの飛距離別にコースの長さを設定するとしたら下図のようになります。

 

簡単すぎてつまらないと感じるかもしれませんがドライバーの距離に応じた長さのホールで全てのホールでパーオンを目指すチャンスがあるゴルフを体験出来ます。

 

残念ながらドライバーの飛距離が170ヤードに満たないと相当のコースがないかもしれません。

 

① ドライバーの平均距離=最長のパー3

② 2打目の最大距離

③ ①+②=最短のパー5

④ (①+③)÷2=パー4の平均距離

⑤ ④×18=適正距離(全長)

※単位はヤード

 

  ①  ②   ③   ④   ⑤
110 105 215 162.5 2925
130 120 250 190 3420
150 135 285 217.5 3915
170 155 325 247.5 4455
190 175 365 277.5 4995
210 195 405 307.5 5535
230 215 445 337.5 6075
250 230 480 365 6570
270 250 520 395 7110
290 270 560 425 7650
310 285 595 452.5 8145