ラウンド時の考え方

コースでのティショットとドライビングレンジとの環境はほとんど地面が平らという意味ではとても似ています。

 

2打目以降のボール周囲の環境はドライビングレンジとはほとんどの場合異なります。

 

まっ平らなライからのショットの打ち方を斜面では状況に合わせてアレンジできれば理想的です。

 

ボールの位置の芝目や地面とボールとの距離等と傾斜を見て、どの方向からヘッドがボールにコンタクトすると確率が高いか?と、ターゲット周囲の状況を観察してどう打てば安全か?の判断がスコアを左右します。

 

例えば残り100ヤードで正面の花道は広くグリーン周りも広々としていて、ライは芝生の上に浮いていてつま先上がりの傾斜という状況だとします。

 

つま先上がりのライはヘッドがアウトサイドから入るとアウトサイド側の地面がインサイド側より高いのでダフリ易く、逆にインサイドから入れば当たりやすい状況です。

 

この状況でインサイドアウトにスイング出来る人はミスの確率は低く、アウトサイドインの人はミスが発生しやすくなります。

 

これが、つま先上がりだとアウトサイドインとインサイドアウトが逆になります。

 

そしてどんな場合もインパクトのフェースはターゲット付近に向いているべきです。

 

結論を言うと、100ヤード以内の飛距離のクラブを選択してフェースはターゲットに向けて、体はターゲットの右へ向けて構えて普段通りにスイングするとショットの成功確率が高くなります。

 

状況毎にこうした対応が出来るようになるとスコアは飛躍的に伸びると思いますので、この点についての理解を深めるようにして欲しいと思います。