あるがままではない状態

ゴルフルールでは、ボールはあるがままの状態でプレーをするという事になっています。

 

しかしあるがままの状態でプレーしない場所もあります。

 

それはティイング・グラウンドとグリーン上です。

 

上記の2つのエリアにおいては、あるがままでなくて良いので自分に有利

にボールなどを置く事もできます。

 

以前、ティショットがすごく上手な方がいて、2打目以降はあまり上手ではない方とラウンドした事がありました。

 

その方は、ティショットで自分の打ちたい方向に向かってボールに書いた矢印を向けて打っていたのですが、2打目以降グリーンにボールが乗るまではあるがままプレーしなければなりませんのでボールの矢印を打ちたい場所に向けられません。

 

ティショットやパッティングの方向性に悩まれている方は、この2つのエリアだけでもボールの置き方などに注意を払うとよいかもしれません。

 

※グリーン上では必ずマークをしてボールの向きを直してください。マークをする前にボールを動かした場合にはペナルティになります。