アイアン買い替え時の注意点

現在のアイアンは同じロフトでもシャフト重量や反発係数の違いもありこれだけで20ヤードくらい飛距離が違ってしまう事があり、ロフトそのものも8°くらいの差があり、これらの要素の組み合わせにより、同じ番手でも40ヤードくらい飛距離が違ってしまっても不思議ではありません。

 

アイアンを買い替える際などはそうした事を理解した上で選ぶようにすると自分が望むクラブを手に入れることが出来るでしょう。

 

必要な知識としては、クラブのロフトの数字が小さい方が球が低く飛距離が出ます。1クラブ毎に3~4°違いますので上記の8°の差は2クラブほどの飛距離が変わる事になります。

 

シャフトの重さについては軽いほどヘッドスピードが出やすく飛距離が出ます。スピードがしっかり出せる範囲の出来るだけ重い物がオススメです。

 

アイアンは必ずしも遠くに飛ばせる事が重要ではありませんから、自分のクラブのスペックを知った上で打ち比べたり、専門家に相談するなどして自分の希望に合う物を選択しましょう。

 

他にもライ角やソール形状なども重要ですが今回は割愛します。