飛距離ダウン

関東地方は冬の寒さが本格化してきました。

 

このくらいの気温になると夏場と比べると大幅な飛距離ダウンになります。

 

ボールの初速が遅い人、スピン量の少ない人は多少影響は受けにくくなります。

 

ただし、グリーンまで下り続けているホールではランが多くなる方が勝り夏よりも飛距離は伸びるかもしれません。

 

いずれにしても空気が冷えると空気密度が上がるのでボールに対する空気抵抗が大きくなりますのでこの時期はキャリーが少なくなります。

 

コースマネジメントも意識的に飛ばない設定で方向重視、転がりやすい地面を上手く使う事に集中すると寒い中のゴルフでも上手く行くと思います。