キャディさんの使い方

藤田寛之プロが所属コースのキャディ研修をしている映像がありました。

 

キャディさんはそれぞれのゴルフ場でキャディ研修を受けていますが、ゴルフ場によって基本業務の内容が異なりますし、研修終了後にはキャディさんが個々に自分なりのコツやお客様への接し方を学んでいきます。

 

一方、プレーヤーはそれぞれに「こうして欲しい。」があるので、なかなか自分にとって良いキャディさんには巡り合えません。

 

そうなると、あの時キャディが・・・・・・。

 

という話になってキャディさんも自分もアンハッピーになってお別れという事になって行くのが必然です。

 

ホームコースでなければ、基本的には一度ついたキャディさんともう一度プレーする事は稀でしょうから当日に自分はこういう時にこうして欲しい旨を伝える事とぽち袋に1000円入れてスタート前に渡しておく事がキャディさんを味方につけてなおかつゴルフのプレーを楽しむ必勝法です。

 

キャディさんを上手に使う事もゴルフの技術のうちと言ってもいいかと思います。

 

 

 

you tubeより転載