2グリーンのパー3

2グリーンのパー3ではティグラウンドの向きをグリーンとグリーンの間に向ける事が多いため、構えづらいと感じる事がしばしばあると思います。

 

こういう場合に、私の場合は左グリーンは狙いやすく、右グリーンはアドレスがぎこちなくなってしまうので、状況が許す時はグリーンとグリーンの間に向かって構えてフェースだけグリーンに向けて打つ事があります。

 

人によっては左右が逆だったり、フェースの向きを変えるのが苦手な人もいるでしょうが、こういったケースの自分の狙い方が分かっている事が重要で、そうすればパー3で上手にスコアメイクが出来ると思います。

 

コースではもっといろいろな状況があります。それぞれの自分の狙い方を見つけておくことはスコアメイクの鍵にもなりますから、一度整理しておくといいと思います。