アイアンでのグリーンの狙い方

ゴルフのショットはフェースの同じ位置に当たれば、スライスすると距離が落ちてフックだと距離が伸びます。

 

フェアウェイウッドやドライバーの場合は人によってはこれが逆転する事もありますがアイアンショットの場合は大体この法則が当てはまります。

 

この特性を利用すると、PWで100ヤード飛ぶ人でミスがフックになりやすい人の場合、ピンが左奥110ヤードの時にPWでグリーンセンターに100ヤード飛ばすように狙っていくと、狙い通りならピン右手前、フックするとピンそばへ、大きくフックしてもピン左のピンハイに乗せる事が出来ます。

 

もしこの人が9番アイアンでピンをデッドに狙うとフックするとグリーン左奥に外してしまい、難しいアプローチが残りやすくなります。

 

逆にスライスしやすい人は右手前のピンの時は同じ様にPWでグリーンセンターを狙っておけばスライスした時にピンそば、真っ直ぐ飛んでもグリーンセンターにオンする計算になります。

 

また、グリーンの右奥が遠く、左手前が近い形状のグリーンには乗せずらく、右奥、左手前のピンもミスの許容範囲が狭くなり、難しい状況と言えます。

 

他に、レフティのゴルファーは右打ちの人とは難しいと感じる状況は一致しない事が多くなります。

 

ゴルフ場の設計もこうした事が加味されて考慮されています。

 

アイアンショットで自分のクセをよく理解しておき上手にターゲットを決めてプレーする事で、ミスの許容範囲が拡がればスコアメイクにつながるので参考にしていただきたいと思います。