冬場の砲台グリーン

ゴルフ場設計家として有名な井上誠一氏、その設計の特徴の一つに砲台グリーンがあります。

 

この砲台グリーンのコースは日本では、冬場になると難易度が増します。

 

ボールのある位置よりもグリーンが高い位置にあるので、高くボールを上げる必要があるのですが、冬場はボールが芝生の上に浮いていない状況が多くなるため、ボールを高く打ち出しにくくなるからです。

 

特にグリーン周りでは、ピンが奥目ならウェッジで普通に打つだけでも事足りますが、手前にあるとロブショット、ワンクッション、転がし上げ等幾つかのショットの選択を迫られます。

 

夏場であれば、ほとんどのショットをピッチエンドランで済ませられますが、冬場の砲台グリーンはそうはさせてもらえません。

 

冬場のロブショットはリスクが高くなるので、ピンが手前にある時はオーバーしても仕方がないと思って確実にグリーンに乗せる事を優先した方が大叩きを防ぐことが出来ますし、冬場の砲台グリーンに対してのショートアプローチは難しい事を知っておけば無理せずに済みます。

 

冬場に砲台グリーンのコースを回る際は普段よりも数打スコアが悪くなる事を覚悟しておいた方が精神的にも良いと思います。