練習場と実戦

ドライビングレンジの練習のやる事の一つにスイング作りがあります。

 

これは、自分の技術の底上げには必要なものです。

 

ただし、ラウンドの際にスイング練習をする事はオススメできません。

 

やるとしたら、スコアをつけずにスイングに集中したラウンドを設けてコースでどのくらいのスイングが出来るか試してみることです。

 

スコアをつけたり、ベットをしながらではついついいつも通りに戻してしまう事になるでしょうし、スイング練習しながら大きなミスをしてしまうとメンタルにも傷が残ったりしてしまうからです。

 

ラウンドの際には、いかにスコアを作るかの技術を駆使してスコアメイクについて工夫や勉強をするべきです。

 

これはスイングの練習とは違うものだと思います。

 

ラウンド中のスイングについては普段の練習で繰り返し反復をしてプレー中にどのくらい出来ているのかいないのかを見てみる程度に思っておいた方がいいと思います。