意識過剰

最近はスポーツの世界においてルーティンの重要性に再び注目が集まっています。

 

いつも同じ手順を踏んでパフォーマンスに望むことで良いパフォーマンスを常に発揮できるようにするのが狙いです。

 

ゴルフにおいてもプレショットルーティンは有効です。

 

状況に変化がおきても一定のルーティンを保つように心がけましょう。

 

例としてバーディパットであろうが、パーパットであろうが、ボギーパットであろうが同じ手順を踏んでストロークに入る事が大切になります。

 

パーパットやバーディパットなどを迎えるにあたり、こんなチャンスは滅多にないからなどと考えて、いつもよりも慎重に行きすぎたりしても結果はかえって悪い方に転んでしまった経験が多くの方にあると思います。

 

スムーズにストロークに入れるように日頃からプレショットルーティンを研究されてみると安定したゴルフにつながるでしょう。