横風対策

本日は横風についてです。

 

ゴルフでは、ティインググラウンドではティマーカーの範囲内で自由にボールの位置を選べます。セカンドショット以降はボールを動かせません。

 

ティイングウラウンドでボールの位置を自由に選べるという事は、風による影響の度合いを変える事が出来るという事が言えます。

 

例として左から風が吹いているとします。この状況ではティインググラウンドの左端が最も風上になりティインググラウンドの右端が最も風下という事になります。

 

飛距離で考えた場合に風上にあたる左端から右側の方向にボールを打つ事が最も飛距離を稼げる事になり、反対に最も風下にあたる右端から左側の方向にボールを打つ事が最も飛距離をロスする事になります。

 

風に乗せてボールを遠くへ飛ばしたり、風にぶつけて飛距離を落としたり、ボールを止めるような攻め方が出来れば高次元のゴルフが展開できるようになります。