レイアップ

レイアップ=いわゆる刻みショットです。自分の飛距離を抑えて障害物の手前で止めたり、得意な残り距離に調整したりすることをレイアップをすると言います。

 

男性アマチュアの方の飛距離がギアの進化に伴い伸びてきていると思います。

 

すると、昔のゴルファーなら届かなかったバンカーや池に届いてしまうケースが増えてきています。

 

そんな時に池やバンカーの手前に止める狙いは戦略的なレイアップと言えますので池越えが50パーセントくらいの確率で失敗しそうなら池の手前にレイアップするというのは立派な戦略ですので大いに推奨したいと思います。

 

ただ、大した障害物がない状態でドライバーが苦手なのでレイアップするというのは一考が必要です。ドライバーがかなりの高確率でミスするとしたら仕方ありません。が、もう少し確率が高いのであれば挑戦することは上達のために必要なチャレンジだと思いますので、無理がかからない範囲で挑戦して行った方がいいと思います。

 

技術が高くなるか飛距離が伸びたりするほどレイアップが必要無い状況が増えていきます。逆にレイアップが必要になる事も増えていきます。

 

自分の今の技術だとレイアップすべきかチャレンジしてもいいのかの判断が出来るようにしておきましょう。