メンタル

「ゴルフはメンタルのスポーツ」と、よく言われます。ミスしそう、スタートホールで大勢の人が自分を見ている、恥をかきたくない、池に入りそう、など様々な雑念が頭をよぎりやすく、その結果ミスショットになってしまう。

 

上記のような様々な雑念が自分にプレッシャーをかけてきます。これは、初心者でもプロでも雑念の内容は違えど、ゴルフをやる以上はプレッシャーと上手く付き合うべきであることは共通しています。

 

対策は、これから打つショットの為に自分にとって必要な事に雑念を忘れてしまうくらい集中する事です。

 

必要な事とは、ターゲット、スイングのチェックポイント、プレショットルーティンの手順などです。これに、雑念や恐怖の対象を忘れるくらい集中しましょう。集中したりないとスイング中に雑念がよぎり、ミスショットにつながってしまいます。

 

また、プレッシャーがかかっている状態は筋肉を硬直させます。これが練習場でリラックスして打っている時とは違う体やクラブの動きを変えてしまうので、固くなった状態でのスイングのチェックポイントを持っているかどうかがプレッシャーに強いということに繋がります。

 

プレッシャーに強い人とは追い詰められた状況でリラックスできる人ではなく、固くなった体で上手にボールを打てる人と考えるといいと思います。

 

ということで、必要な事に集中することと、体が固くなった時のスイングのチェックポイントを持つ事が好プレーにつながるポイントだと思います。