ショットのメリハリ

ゴルフのストロークでのメリハリについてです。

 

ストロークにメリハリなんてない。すべてのショットに全力を注ぐことがベストだという反論が返ってきそうですが話をきいていただけたらと思います。

 

ゴルフのラウンドでストロークを失う大きな原因となるのはOBや池ポチャなどの左右への大きなミス、ほとんど前進できないような大ダフりやチョロなどだと感じます。

 

上記のようなミスだけを犯さないように気をつけて考えてみます。

 

風が吹いている向きで考えた場合、向かい風が正面から吹いている場合サイドスピンが入れば球は無風よりも曲がります。横からの強風も注意が必要です。しかし風がフォローの場合には球の左右への曲がりは減少します。

 

打ち下ろしや打ち上げについてです。打ち上げのホールはボールを芯でとらえ、高さもある程度でないとビッグドライブは期待できません。しかし打ち下ろしのホールでは多少トップしても下り坂に助けられて案外距離が落ちなかったりするものです。

 

私の場合は、ティショットではフォローの風が吹いている場合にMAXの集中力はいらないと考えています。(ピンに寄せる状況は別)

同様に打ち下ろしのショットは打ち上げに比べると、集中力は低いと思います。

 

全ショットに集中できる方は別ですが、集中する局面と抜く場面を作り出したいとお考えに方はご参考にしていただければと思います。