アプローチのクラブ選択

グリーンエッジからホールまで5ヤード、カラーの手前のフェアウェイにボールがあり、ボールからホールまで7ヤードのわずかな上りで綺麗なフェアウェイの上にボールがあるという状況があるとします。

 

ここからパターを選択するというのはもちろん正解だと思います。パターを選択するとボールはフェアウェイ、カラーの上を転がりグリーン上を転がってホールに向かいます。この、フェアウェイとカラーは不確定要素で転がりが予想しづらくぴったりと寄せるかカップインを狙うとしたらパターでは難しいとも言えます。

 

ライのいいフェアウェイからでもダフリトップが出る可能性がある人はパターを選択することが正解でしょう。プロや上級者なら、こういう状況はチップインが狙いたいところです。ショートアプローチで正確にミートできる人であれば、ウェッジで不確定要素を飛び越えてしまった方が狙い通りのチップインが可能です。

 

空中をボールが飛んでいる間はイレギュラーは起こりづらいために上級者ほどロフトが寝たものを選択したがります。しかし、ごくまれに大きなミスをしてしまう事もありますので、安全のために転がすクラブを選ぶように心がけておくといいと思います。

 

アプローチに自信のない人は本当ならウェッジでカッコよく寄せたいのに、等と考えず迷わずパターを選ぶようにすると心理的に集中した良い状態でプレーに臨めると思います。