君子危うきに近寄らず

ゴルファーの本能と言われる事があります。

 

ゴルファーの本能というのはボールが危険な方向に飛ぶことを本能的に避ける事です。

 

飛距離で言えば飛ばない方が飛び過ぎるよりもましな結果になる事が多いので危険な状況ほど飛び過ぎる事が怖くて力を緩めてしまう。左が危険なら右に飛ばしてしまうことです。

 

これは初心者の方にはなかなか備わっておらず、逆に左が危険なほど左に飛んで行ってしまったりもします。

 

中級者の方には備わり始めるのですが、まだ技術的に確実に逆に逃げるには至らないでしょうか?

 

上級者の方にはほぼ備わっていますが、左を避け過ぎて右のトラブルに巻き込まれる事が多いと思われます。

 

トップアマやプロはミスしても右のラフまでに止める事が出来ます。

 

トッププロになると左の危険を回避しながらも危険なサイドのフェアウェイやグリーンにボールを止められます。

 

これは、平均台を渡るのに似ていて、もし、平均台の左が断崖絶壁、右が安全地帯だとしたら、中級者までは断崖絶壁に落ちてしまい、アマチュア上級者は長く歩けなくても必ず安全地帯に落ちます。プロやトップアマ以上ならたまに安全地帯に落ちる程度、トッププロなら綱渡りでもクリア出来てしまうといった所でしょうか?

 

ゴルフの場合は平均台を渡りきる事よりも確実に安全地帯に落ちれるようにする事の方が重要です。

 

初心者の方は左右とも安全な平均台を渡れるように、中級者の方は危険な側にわざと落ちられるようにして行く技術を身に着けようとしていくうちにゴルファーの本能なるものが備わっていくでしょう。