ホームコース

よく行くゴルフ場の特徴がどのようなコースかによって違うコースに行った時に上手く対応できたり、できなかったりする事があります。

 

ホールの右サイドの危険が多い、左の方が多い、全長が長い、短い、傾斜が強い、弱いなどコースによって様々です。

 

右に危険が多いコースのシングルさんはドローが持ち球の人が多かったり、全長が長いコースの場合は飛ばし屋が多かったり、砲台グリーンが多いコースの場合はロブショットが上手い人が多かったりするわけです。

 

コースに対応するために技術が磨かれていくわけです。

 

ただ楽しくプレーして帰ってくるだけでなく、〇番ホールのティショットはスライスが上手く打てれば攻略できたのに・・・・。と思えばスライスを打つ練習をしたり、低いボールが打てたら・・・・・。と思えば低い球を打つ練習をしたりして、少しずつ技術を身につけてまた挑戦するという繰り返しがスコアメイクの技術を高めていきます。

 

言い換えると上手にプレーするコースを選択して行く事が上達にもつながるわけです。

 

また、ホームコースが難易度が非常に高いコースばかり回っていると叩き癖がついてしまう事があったりもするので理想的なホームコースは難しすぎず易しすぎず、様々な状況があるコースだと思います。

 

上手にコースを選んで上手に上達して行きましょう。