コースの難易度をバランス良く経験する

ゴルフをある程度やりこんで行くとプレーするコース、気候、などによってスコアの良し悪しが変わって来ることがわかって来ると思います。

寒い今の時期に雨や強風下でのプレーとなると普段より10打くらい悪くなっても不思議ではありません。

そんなことが予想される場合は易しいコースを予約したり、普段より前のティーからプレーするのも1つの方法です。もちろんそんな中での経験も大事ですが、あまりに悪いスコアを無駄に経験すると負の財産としてインプットされてしまうこともあるかもしれません。

難易度が高いコースやコンディションばかりでプレーしていると悪いスコアになれてしまい難易度が低いゴルフ場で良いスコアが出せなくなることがありますが、コースの攻略を工夫していくうちに技術的にレベルアップされていくというメリットもあります。

逆に難易度が低いコースやコンディションのプレーばかりだと技術的な幅が広げられずに上達の速度が遅くなることもありますが、悪いスコアを経験する回数が少なく良いスコアが出やすいので、いい意味で自分の実力を高く勘違いできるので良いスコアの出し方がみにつきます。

これを踏まえて難易度の高いコースや低いコースをバランス良くプレーした方が効率良く上達していけると思います。