コンディションとスコア

4日間のプロトーナメントの優勝スコアは私の知る範囲では7オーバーから28アンダーくらいの中で推移しています。7オーバーの試合は男子の日本オープンだったと思います。台風と難易度の高いコースと難しいコースセッティングが重なったとても難しいコンディションでした。

 

このようにコンディションによって1ラウンドで9打以上の違いがあるわけで、この時に自分の調子が悪いとプロでも90近いスコアになってしまう事もあります。

 

何が言いたいかというと今の寒い時期に地面が凍り、ライが悪く、厚着で体も動きにくいうえに強風、雨、難しいコースという困難な状況だとしたら調子のいい時のスコアよりも20打くらい悪くなっても不思議ではありません。

 

ラウンド中にこの難易度が読めると、難しいのだから叩いてもしょうがない我慢して行こうと思えます。

 

プロでも強い選手は練習ラウンドの時に正確に優勝スコアや予選カットラインのスコアが予測できますので冷静にプレーを進める事が出来るのです。もちろん相手がいる事なので記録的なスコアが出て外れてしまう事もあるのですが、かなり正確にいい当てる事が出来ます。

 

このように難しいから叩いてしまう事が分かっていれば必要以上の大叩きは防ぐ事が出来ます。

 

冬の寒い時期のゴルフは難しいという事を理解出来ると難しいなりゲーム運びをすることができるようになると思います。