ショートアプローチの落とし場所

グリーン周りからのアプローチの時の落とし場所についての注意点です。

 

落とし場所周辺が一定の傾斜且つ芝生の長さがそろっているエリアを見つけてそこに落とすことが基本だと考えて下さい。これに限らず、砂地や、極端に硬いグラウンド状態などボールのバウンドが計算がたつのでスイングのミス以上のミスになる事を防ぐためです。

 

砲台グリーンのグリーンエッジ、複数段グリーンの段の境界付近、カラーとラフが接近しているカラー付近などがこれにあたります。

 

ショットの精度が良いほど狭いエリアが狙えるという事になります。砲台グリーンのグリーンエッジ付近を狙うとわずかに弱かったりすると強い上り傾斜にボールが当たりもう一度アプローチをしなけばならなくなります。この場合はグリーンエッジから離れた所まで突っ込んでいく方が一打失うほどのミスを防げるのです。

 

更にこれからの季節は地面が凍結するケースがあるので落とし場所周辺の情報収集がとても大事です。

 

落とし場所をよく見て無駄なミスを防ぎましょう。