冬場は方向性重視

冬場のゴルフでは、方向性を重視することをお勧めします。

ティーショットが曲がり隣のホールや崖下にボールが飛んでいった場合に、木の上を越すショットや崖の上に戻すショットなどが必要になるケースは多いと思います。

しかし暖かくて芝がある時期と違い、冬は芝がなくなってライが悪いケースが圧倒的に多くなります。

芝がない=ボールと地面の間に隙間が無い→高いボールを打つのが困難になる

という図式が成り立つ事になります。

冬場のゴルフは、ローボールで攻められるルートを探しながらラウンドされてみてください。