体調不良時のゴルフ

アマチュアゴルファーなら体調不良時にゴルフをする必要はありませんが、それでもゴルフをやりたい、断れない等の理由でゴルフをする事もあると思います。

 

そんな時は無理をしないでプレーしようとするでしょう。欲もかかないでしょう。熱などでぼーっとするかもしれません。

 

すると、意外といいスコアが出る事があります。昔、巨人の投手で槙原という選手がいらっしゃいましたスライダーやフォーク、スピードボールを操るとてもいい投手です。槙原選手がパーフェクトゲーム(9イニングで全打者を出塁させずに抑える事)を達成した時の投球は生涯通しても1,2を争うほどのいい内容だったと思います。

 

この時の槙原投手が二日酔いだったのは少し有名なお話です。

 

他にゴルフでも家族の不幸や、故障を負った時に優勝する選手も多く

います。

 

怪我の功名とはこのような事を言うのでしょう。

 

逆に体調が良すぎる時やショットの調子が良すぎる時などは無理をし過ぎてスコアにつながらない時もあります。

 

ゴルフの極意は無理せずほどほどに臨むこ事なのかもしれません。