強風時にはしっかりと風を読む

すっかり秋めいてきました。

これからの季節は、台風などの影響で風が強く吹く中でのラウンドもあるかもしれません。

強風時のラウンドでは、風の吹く方向をしっかりと認識する事がスコアメイクの肝になります。

まず横風ですが、強風時には風に逆らう球を打つと大きく飛距離をロスします。

スライス風に対して、フックボール。フック風に対してスライスボール。

幾ら強振したところで風には勝てません。風と同じ方向にスピンをかけられれば、風に乗って距離を稼げます。

あまりに強い風だと、風に逆らって打つことは出来ないと思います。

追い風は、通常は飛距離は伸びますが、あまりに強いと球がすぐに落下してしまい飛ばない事もあります。
グリーンを狙うショットでは、バックスピンがほどけて、球が止まらないので難易度は高くなると思います。

向かい風は、飛距離が落ちます。バンカーに入ると目玉になる可能性が高くなります。グリーンを狙うショットは使用クラブは長い番手になりますが、球は止まります。

風向きや強さを計算に入れて、次打を打つ場所まで考えられれば理想ですね。